4月になりましたが、少し寒い日々が続きます。こたつが離せない顧客もいらっしゃるでしょう。
私も未だ昼のストーブと就寝時の敷き毛布は必要な状態です。
時間は春も、依然として冬の道具が必要ではないかと思うのは、私だけでしょうか。
おしゃれな顧客は、相当寒くても暑くても時間のフライングゲットをするそうですから、恐ろしいです。
自分だったら、あっという間に感冒をひいたりすると思います。
皆さんはどこかで、時間のフライングゲットを浴びることはあるのでしょうか?
あんな素材で考え付くことが、手芸の趣旨についてです。
自分は下手ながらも、グッズなど作っておりますが、ちょこちょこ時間発想を出すことがあります。
別にアクセサリーについては、時間発想を出したものを作りたいと考えたりしますが、寒いまま夏季のものを、暑いまま冬のものを考える趣旨については、非常に難しいです。
そんなとき、ものを作り出す顧客は、どうしていまだに先の時間発想を思い、可愛いものを作っていくのでしょうか。
(自分にとっては)非常にミステリアスな趣旨について、書いてみました。詳細はこちらへ