我が家の前の路地はT路地になっています。右側から左手へ直進。そこに左手に下る坂道が交わります。
左手から右側へ進むと、ほんのり大きめの参加があり、ウィークデイの夕刻やウィークエンドは乳児のサッカーレクチャーの成長があるようで、家族がそれぞれの自転車に乗って成長に向かうようです。
ですが、そこには坂から上ってくる車種がある、という不幸が予測できるので、乳児にはきっちり一寸解放を促し、乳児の視点で人心地測定をさせて渡らせるという掟を一緒に走っている両親が教えるという責務があるというのですが。その交差点を「車種は必ず止まる」という基準なのか、乳児が乗る自転車が先に走り、両親が後を走るという家族。後ろから乳児に一寸解放を促すのかなー?と思っていると、無言。「ありゃ!それをあなたが教えないの?誰が教えるの?」とでっちあげるような家族が何組もがスーッと通過していきます。
あんな展望を目の当たりにして「ドキッ!危ない!」とヒヤリとしている女性です。
最近の惨事の連絡などを聞いても、このふうに、両親が乳児に眼を配れないことが理由に思えてならないのは私だけでしょうか?http://www.allonthesamepagebookstore.com